松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

韓国語:택배と배달の違いは何?

f:id:kanon758:20180404114910j:plain

 

こんにちは。カノンです。

 

今日は、韓国に住む方なら日常的に聞いたり、使ったり

している

택배(テクベ)※発音はテッベが近い

배달(ペダル)

 

についてです。

 

택배(テッベ)宅配

배달(ペダル)出前

 

のことです。

 

韓国はこのどちらもがすっごく発達していて、

便利きわまりないです。そして、

この2つは生活には切っても切り離せません。

順番に見てみましょう!

 

■택배(テッベ)は、郵便局を介するような小包みとか

はもちろん、ネットショッピングで購入した商品も

택배(テッベ)、つまり自宅まで宅配されるわけですが、

まずこのスピードが速い!

 

例えば、今日の午前中注文した商品は、だいたい

明日中に受けとることができます。どんなに遅くたって、

基本的には注文した日から3日以内に受け取れます。

 

これは、つまり、発送するお店側の対応が素早いのは

基本。それプラス、宅配業者の猛スピード配送が速さに

拍車をかける、というわけです。

 

少なくとも、3日以上たっても商品が届かない、

となれば、これはもう、お店側も宅配業者側も、

顧客から「配送が遅い!」というクレームなり、

レッテルをつけられることになります。

それぐらい、韓国の宅配のスピードは速さを求められている

わけです。そして、翌日配送が既にスタンダードとなっています。

 

さて、次に배달(ペダル)は、出前と訳すに相当する単語です。

韓国はこの배달(ペダル)もめちゃめちゃ発達しています。

 

パスタや日本食、中華、サンドウィッチやハンバーガーの軽食、

コリアンスナックのトッポギ、サムギョルサル(既に焼いてあって、

ご丁寧にサンチュとセットにもなっている)、果ては刺身まで、

韓国に出前不可能な食べ物はないんじゃないかと思われる

くらいです。

 

しかもすごいのは、どこにでも出前してくれる!有名なのは

ソウルの漢江にも出前可能!というものですが、これはあくまで

一例で、ほんとにどこだって運んできてくるのです。

 

なので、

広い公園にピクニックにいって、「なんかチキン食べたいね」

となり、「注文しよっか♪」と携帯で注文。

「もしもし、ここ●●公園の広場の一番高い木の下なんですけど~」

これでOK!30分後には一歩も動くことなくチキンもぐもぐ。

 

すばらしい便利さです^__^

 

他にもですね、韓国のスーパーマーケットの多くが

一定額以上(かなり低価格設定)購入すると、

自宅まで배달(ペダル)してくれます。

この場合は出前と訳すよりは、配達としたほうがいいですね。

たくさん買っても、帰り道手ぶらで帰宅できて、

しかもだいたい遅くても2時間以内ぐらいに配達

してもらえます。もちろんもっと速いことのが多い

かもです。。

私の経験の最速は、帰宅10分後に商品到着です。

 

こちらもすばらしく便利です!

 

また、ネットによる大手マート(大規模スーパー)

の食品・生活用品の配送も浸透してまして、

我が家もよく利用しています。ネットで商品を選び

注文することで、(注文する時間にもよりますが)

当日中に家まで配達してくれます。

 

こちらもすばらしく便利です!

 

今日は、韓国の宅配と出前文化を交えながら、

택배(宅配)배달(出前)という単語をご紹介

しました^^

 

ちなみに一番上の写真は、今日私がスーパーで

買った商品が家に届いた様子です。

 

では、また♪

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ