松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

韓国ではスライムが大流行り。そして誕生したスライムカフェとは?

f:id:kanon758:20181104162631j:plain

こんにちは。カノンです。

韓国では何事も、一度その人気に火がつくと、徹底的に

その人気ぶりを追求し、ある程度消化されると、

潔いほどの速さで撤退していきます。

例えばこれまでも、UFOキャッチャーが人気になると、

近所にできるわできる、UFOキャッチャーのお店!

それからこれは昨年の春以降だったかな、アイスクリーム

の割引店舗が1店舗できたとおもったら、これまたすごい勢い

であちこちに類似点がオープン。たとえボーっと暮らしていても、

今何がブームなのか、それはもう簡単に見抜けるぐらいなのです。

f:id:kanon758:20181104163301j:plain

で、今は何かというと、スライム。

スライムは韓国では슬라임。発音はスルライムというと

近い感じです。または、액체괴물(エッチャグェムル)

と言い、略して액괴(エッグェ)と言ったりします。

액체(エッチェ)は液体、괴물(グェムル)怪物

という意味で、液体の怪物ってことで、

つまりスライムのことをさすわけです。

 

そういえば、今年、(日本の)ビレッジバンガード

でスライム売ってるのを見かけましたが、

そのほとんどが韓国からの輸入もののようでした。

韓国のスライム全盛期なんでしょうかね。

 

さて、スライムはもともと子供たちの間で人気が

ありましたが、今年に入ってから、特に初夏以降、

それはすごい勢いでスライムカフェなるものが次々

とオープンしていきました。

今もまだオープンラッシュが続いている感じです。

f:id:kanon758:20181104163244j:plain

韓国はキッズカフェも趣向をこらしたものが数多く

ありますが、スライムカフェはその延長で、主に子供たちを

対象に、お店でスライムづくりができ、飲み物も飲める、

というスタイル。観察してみると、カフェとするのはあくまで

営業形態の利便性によるもののように見え、主な利用客の

子供たちがそこで飲み物を飲むことはあまりなさそうです。

付き添いの大人の入場料に飲み物一杯分の料金が込み、という

形式になっていて、同伴者がコーヒー飲みながら子供を

待つ、というスタイルが多いように見受けられます。

f:id:kanon758:20181104162746j:plain

実際にスライムカフェ、どんな感じなのかというと、

まずレジで作るスライムを決め、材料費を支払います。

スライムの種類というのは、基本的なクリアスライム

、シャラシャラという音を楽しめるスノウスライム、粘土を混ぜることで、弾力ある触感にする粘土スライムなど

、「へーえ、いろいろあるんだ!」と私、ちょっとびっくり。

f:id:kanon758:20181104162819j:plain

実際、スライムの材料となるものって、液体のりに

コンタクトレンズの洗浄液などで、別に家でも簡単に

作れるってことをカフェを見に行ったおかげで

初めて知りました。自分でそろえればたいして

費用もかからないけど、カフェに行くと、一人

1万7000ウォンくらいかかることを思うとカフェ高っ!

f:id:kanon758:20181104162930j:plain

で、このカフェの面白さの一つはパーツ選びなんじゃないかと。

出来上がったスライムに、ビーズのようなパーツを

入れ込むことでかわいさUPさせるようです。

f:id:kanon758:20181104163333j:plain

ははあ、なるほど、面白いな、と。

そしてこのパーツ選びは面白そう!

f:id:kanon758:20181104162958j:plain

これ女の子ならみんな好きなんじゃないかと思います。

f:id:kanon758:20181104163020j:plain

パーツの種類もいろいろ。いやあかわいいかわいい!

f:id:kanon758:20181104163037j:plain

だいたいどこのスライムカフェでも、写真のようにクリアケース

に入ったパーツが壁際に並んでいる、というのがスタンダード

スタイルのようです。

f:id:kanon758:20181104163153j:plain

スライムカフェ3か所ぐらい行ってみましたが、

利用客の大半が小学生じゃないかな、という印象。

たまに中高生や、(大人の)カップルなども見かけは

しましたが……。

 

このスライムカフェ人気、いつまで続くかな。

お店によっては既に危うそうな気配がする店舗も

見受けられますが……。

 

ただ、このブームに便乗してお店をオープンさせた人の

話を聞くと、面白いのが、もともと長期で続けるつもりじゃ

ない、ということ。人気があるときに、稼げるだけ稼いで、

下火になってきたら、すぐに閉店するつもりだそうで。

そういう方、多いということです。

 

お話聞いて、なるほどね、と思いました。

確かにそういう商売のやり方もありますね。

最初からその覚悟なのかあ。

 

この異色カフェ、とっても面白いので

子供時代にスライム好きだった大人も一度行ってみる

ぶんにはしっかり楽しめるな、と。

ありじゃないでしょうか^^スライムカフェ!

 

では、また。

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ