松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

3月スタートの韓国と,保護者、そしてノートの表現

f:id:kanon758:20190305130800j:plain


こんにちは。カノンです。

韓国は昨日から2019年度の新学期、仕事始めでした。

日本より1か月早い3月がスタートとなるんですね^^

 

数日前から文房具屋さんや、スーパーの文具コーナーは

人でいっぱい。特に학부모(ハップモ)がたくさん

います。학부모(ハップモ)というのは、

子どもの保護者、特に学校に通う年齢の子供の親達

を指します。

 

学校から指示された持ち物リストを片手に、

공책(ゴンチェク)などを選ぶお母さんたちで溢れています。

공책(ゴンチェク)というのは、ノートのことですよ~。

노트(ノートゥ)ともいいますが、学校生活では、

공책(漢字で書くと空冊)という表現がよく使われます。

 

日本の入学シーズンと言えば、同時に桜を思い浮かべる

方も多いと思いますが、韓国は3月スタート。

つまり、入学式には桜はまだ咲いてません。

 

なので韓国では、

日本のように入学式と言えば桜!

とか、

高校、大学、社会人になったばかりの頃の

思い出には桜がつきもの。

……ということはあんまりありません。

 

むしろ、

学校や会社にだいぶ慣れてきた頃に

桜の季節がやってくるわけですね。

 

今年(2019年)の桜の開花予想です。

(リンク先:韓国観光公社)

 

この時期、韓国で暮らしていて良かったことの一つに

花粉症で苦しまない、ということがあります。

おそらく、日本にいたら、私は毎日くしゅんくしゅん、

涙目で暮らさねばならないこと100%かと。

でも韓国では大丈夫です!

 

では、また♪

 

 

 

 

 

その代わり、黄砂やPM2.5の影響は日本より

大きいので、そちらで苦労する時期でもあります。

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ