松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

韓国の絵本:ハングル学習に役立つ絵本。

f:id:kanon758:20180316123153j:plain

こんにちは。カノンです。

今日はハングルを勉強する上で、

띄어쓰기(ディオスギ)

分かち書き

 

が、いかに大切かを知ることができる面白い

絵本を一冊ご紹介します!

 

タイトルは

왜  띄어  써야  돼?

なんで間をあけて書かなきゃダメ?

 

日本語もそうですが、句読点なしにだーっっ!と羅列すると、

読みづらいだけじゃなく、切る場所がなくなることで、

変な意味になったりもしちゃいますよね。

 

韓国語においても句読点は大事ですが、分かち書きがとても大切で、

これを間違えると、やっぱりヘンテコな意味になっちゃったり

するわけです。

 

例えば、本書に出てくる一例をあげると、

 

선생님은 이상하다.

(ソンセンニムン イサンハダ)

先生はおかしい。

 

선생님은 이 상하다.

(ソンセンニムン イ サンハダ)

先生は 歯が 痛んでいる(つまり虫歯)

 

というふうに、分かち書きの場所が変わるだけで、

全然違う意味になってしまうという。

 

こんな感じで分かち書きの重要さがよく学べる本なんですが、

とにかくここに出てくる例文の数々が笑えます。そして

その例文にぴったりで、よりおかしさ倍増させてくれる

絵もまた面白いです。

 

ハングル学習中の全ての方におすすめしたい絵本です。

ちなみにこの絵本の作家さんは、他にもハングルを書く際に

大切なルールを説明する絵本を出しておられます。

 

興味がある方は、ぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

韓国の書店で販売されています。

 

<DATA>

■왜  띄어  써야  돼?(なんで間をあけて書かなきゃダメ?)

絵・文:박규빈/パク・キュビン

出版社:길벗어린이/キルボッオリニ

定価:12,000ウォン

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ