松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

韓国の絵本:만희네 집 (マンヒのいえ)

f:id:kanon758:20170907111139j:plain

こんにちは。カノンです。

今日はまた、とってもステキな韓国の絵本をご紹介します。

 

原題は만희네 집(マンフィネ チプ)で、

日本では 「マンヒのいえ」と翻訳されています。

 

만희(マンフィ)は登場人物の男の子の名前。

네(ネ)は、~の家 という意味。

집(チプ)は家です。

 

만희네(マンフィネ)だけでも、「マンヒのうち 」という意味

があります。じゃあのニュアンスの違いは何かというと

というのは、暮らす箱としての家というより、

その家庭のあり方を表しています。日本語であえていうなら、

「カノンっちってさ~いつも金曜カレーだよな」

という感じで、カノン家の暮らしのスタイルを含むニュアンスが

あるのです。それに対してというのは言葉通り、家のこと

ですね。

 

この本は、韓国の一昔前、当たり前のようにあった一つの

家庭、家の様子がとってもとっても美しくかわいい絵で

描かれています。韓国の家の様子が細かに表現されていて、

日本とは違う、お隣の国の姿を知ることができます。

 

ただですね、この本を見ながら間違ってはいけないのは、

あくまで一昔前の韓国の様子が描かれているのであって、

現代では多数はの暮らしの様子ではない、というところです。

 

ある絵本サイトの解説には、「韓国の今の子どもたちのくらしが描かれている」

とありましたが、ところどころに出てくる家具や、生活のスタイルは

現代でも見られる部分は少なくないものの、既に韓国はアパート社会

です。暮らす空間の構造も、子どもたちの生活スタイルも、家族のあり方も

一昔のそれとは随分違います。絵本のように、たとえ昔ながらの

一軒屋であっても、庭にオンギ(壺)を並べて、自家製の食べ物や

ソースなどを作っている家庭も少数派となりました。

 

ただ、伝統的な韓国の家と、その暮らしを知るにはとても

良い本なので、機会があれば是非読んでみてください。

韓国語版、日本語版、両方揃えて韓国語学習に役立ててみるのも

いですね^^

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ