松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

韓国語のおすすめ勉強法:ライティング編

f:id:kanon758:20170604091429j:plain

こんにちは。カノンです。

韓国語のおすすめ勉強法。昨日のリスニング編に続き、

今日はライティング編です。

 

上手にハングルで文章が書けるようにするには、

 

1:何度も単語を書いてスペリングを覚える

2:(初級レベルなら)テキストに出てくる本文を何度も

  繰り返し、ノートに書き写す。

3:発音をしっかり練習する

 

この3つです!

 

1:何度も単語を書いてスペリングを覚える

 

は、とても単純ですが、とても大事なことです。

スペリングが違えば、違う意味の単語になってしまいますから……

一冊単語練習用ノートを用意して、鉛筆(ボールペン)で

とにかく書きまくる。口で発音しながら、何度も書く。

当たり前ですが、そうやっていると、確実に単語を

覚えていくし、正しく書けるようになります。

 

蛇足ですが、私も学生時代、英語や中国語、その他の暗記が必要な

科目は全部書いて書いて書きまくりながら覚えました(笑)

一人ぶつぶつ言いながら(笑)

 

効果、あります!^-^

 

続いて、

2:(初級レベルなら)テキストに出てくる本文を何度も

  繰り返し、ノートに書き写す

 

初級レベルのテキストの本文、特に、会話形式の例文がいいです。

これを何度もノートに書き写すと、会話表現などの様々な表現を

スペリングも併せて覚えることができます。

 

 

3:発音をしっかり練習する

 

ライティングスキルUPになぜ発音が大事かというと、

韓国語には日本語にはない発音があります。

それはとても微妙な発音で、ある人が聞けばカタカナで

「バ」と表するかもしれないし、「パ」とするかもしれない。

でも、実際には「バ」でもなく「パ」でもない、これはあくまで

一例ですが、こんな感じで日本語にはもともとない微妙な発音が

あるわけです。

 

それからパッチムといって、ハングル一文字を

構成する要素のうち、最後の音となる子音や子音字母となるものが

あるのですが、これがまた日本語を母語とする私たちにはなかなか

難しいのです。

 

例えば「완」「왕」という文字があります。

この文字の発音を、カタカナであえて書くなら「ワン」

となります。日本語ではもう、こうとしか書けない。

でも、「완」「왕」この2つを、韓国の人は区別して発音しています。

こういう微妙な発音の違いをわかっていれば、ハングルで文章を

書くときに正確に書けるわけです。

 

 

特に、3:発音をしっかり練習する

は、ハングルを勉強し始めたばかりの人に猛烈におすすめしたいです!

発音だけ後になって勉強し直したりするのは、意外と難しいですし、

ハングルを始めたと同時に練習&マスターしていけば、その後の

ライティング練習も比較的スムーズにいきます。日本語にはない発音を

区別し聴き取ったり、発音できたりするようにするのは難しいことですが、

ここは敢えてハングル勉強を始めたと同時に、がんばっておきたい

ところです^^

 

 

と、このように特に3を強調するのは、私が発音練習をおろそかに

して、後に苦労したりした(現在進行形ㅜㅜううっ)ことがあるからです。

書くときに、発音をしっかりわかっていないと、

「あれ?これってパッチム、ㅇだったけ?ㄴだったっけ?」

といちいち辞書をひいて確認することになっちゃいます……。

 

これからハングルを始める方、ファイティンです!

 

>>>次回は韓国語会話の上達法です!

 


kanon758.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ