松田カノンのわくわくハングル

今日からすぐに使える簡単な韓国語表現をご紹介します♪

아줌마(おばさん)と아가씨(お嬢さん)の間1

f:id:kanon758:20151027151615j:plain

こんにちは。カノンです。

아줌마(アジュンマ)아가씨(アガシ)の間

……なんて某ベストセラー小説っぽい響きのタイトルに

してみましたが^^;;

 

아줌마(アジュンマ)というのはおばさん

아가씨(アガシ)というのはお嬢さん

 

という意味です。

 

特に아줌마(おばさん)という言葉を使い間違えると

不必要に多くの女性を敵に回すことになる、というのは

万国共通かと思います。

 

韓国においてこの言葉の使い方がさらに難しいのは、

単純に見た目の問題だけではなく、どんなに若く見えても

既婚者は基本的にアジュンマに属してしまうという……

悲しき事実があるところ。がーん。

 

ですから例えばAさんという数ヶ月前に結婚式を挙げたばかりの

20代も前半のかわゆい女性がいたとします。そして近所に住むBおじさんは、

Aさんが既婚者だと知っていたとします。道行くAさんがハンカチを

落としました。Bおじさんがそれに気づいてAさんを

「アジュンマ!」と

呼びとめても、韓国におけるアジュンマの基本概念的には

間違ってはいないわけで、Bおじさんが責められる理由など

ないわけです。

 

でも、それはあくまで基本概念的には……ということであって、

ほんとにそこでアジュンマ!と声をかけると、Aさんの

不快バロメーターは一気にグワーンとあがってしまうのは

避けられないことです。

 

つまり、何が言いたいかというと、見た目それなりに若さがまだ

残る女性を呼びとめる際に、不用意に「アジュンマ」という言葉を

使うのはやめたほうがいいかもしれない……ということです。例え

既婚者だと知っている女性に対しても、です。

 

じゃあ、どう呼ぶか。

저기요!(チョギヨ)でいいと思います。

この言葉はいろんな場面で使えますが、このような場合は

"そこの方!"とか"すいません!"という声かけのニュアンス

だと理解すればOKです。

 

じゃあ、むしろ아가씨(アガシ)と呼ぶのは?

 

既婚者ではなく、ほんとにお嬢さんと呼ぶに値するぐらいの

若い見た目の女性にはもちろんアガシでいいと思います。

 

でも、人の一生で考えたら、まあ若いほうだろう……(笑)

ぐらいの女性に対しては、アガシと声をかけることで、逆に

わざとらしく、気分を害する可能性もあるかと。ここは外見的な

題もあるので線引き難しいですが微妙なときの声かけはもう、

チョギヨ!が安全牌でしょう。

 

最近うちのアパートの入り口付近に新聞勧誘のおじさんがいます。

いつも他の人が声をかけられている隙に、さささっと通り過ぎて

いたのですが、先日ついに声をかけられました。

 

 

아줌마~(アジュンマ~!)

 

と。

 

そのとき私は子連れではなく一人で歩いていたし、そのおじさんは

当然私が既婚者で子どもがいることも知りません。それなのに

 

아줌마~(アジュンマ~!)

 

と声をかけてきたではありませんか!!!

 

その瞬間、「彼とは絶対に新聞契約しない!」と心に決めたことは

言うまでもありません。

 

→→→아줌마と아가씨の間2へつづく。

 

kanon758.hatenablog.com

 

 

 

にほんブログ村 外国語ブログ 韓国語へ
にほんブログ村
韓国語 ブログランキングへ